titleback_layer_4.jpg

未 草  小林 庸子のブログ

縷縷とは細く長く続くさま。 そんな日々の暮しの綴り。

 

「未草展 水に纏わる暮らしの道具」 at 水の音

 

 

mizunooto_2016DM.jpg

 

 

 

________________________________________
 

{日 時} 2016年9月7日(水)〜 13日(火)
      11:00 〜 18:00 

      <map>
{住 所} 〒981-3214 宮城県仙台市泉区館2-1-115
{問 合} 022-376-7560

________________________________________

 


「 水に纏わる暮しの道具 」

 

 

店主の純子さんに連れられて訪れた仙台のとある里山。
山に囲まれた谷間で、そこだけぽっかりと現代の喧騒から切り離されていた。
あるのは田圃と清冽な水の音、ただそれだけ。美しい場所だった。

 

少し道に迷い、偶然辿りついた睡蓮の池。
鬱蒼とした森の濃い影の下で咲く小さな白花、未草を共にしばし見つめた。
静かで何も無い、けれど良い時間だった。

 

あれから二年。純子さんは新しいことを始めていた。
お店の名前は「水の音」。

 

彼女の人生の様々な要因に導かれての流れだと思うが、
あのひと時もまたその流れに新たな一滴が注がれた瞬間だったような気がする。
水の音に耳を澄ませていた純子さんの眼差しはどこか特別な雰囲気があり、
ずっと記憶に残っていた。

 

新たなお店の名前を聞き、あの時のことを想わずにはいられなかった。
水の音と心の奥に耳を澄ませていたあの時の横顔のことをー 。

 

普段から作っている生活道具に加え台所、洗面所、風呂等
水廻りで使えるものを増やし持っていきたいと思います。
二年ぶりの仙台、楽しみです。
新しくなった「水の音」へ是非いらして下さい。
 

 

 

mizunooto_2016pict.jpg
 

 

 

未 草 02:26 -
「物語を紡ぐ暮らし」 at 代官山蔦屋書店 2F Anjin

企画展のご案内です。

Anjin_5.jpg
 

手のひらに転がる小さな朽ちかけの古釘。その美しさに目を奪われた。

オーストラリアの山あいの草原で自給自足に生きる家族と暮らした時のこと。
廃材を利用した家作りを手伝っていると、
古い材から開拓時代の手作りの釘がいくつも出てくる。
ひとつひとつ形も違えば朽ちていく様も色も違うその姿に心震えた。
なんて美しいんだろう...

それ以来、旅先の海辺で、犬の散歩道の森で、または壊される古い建物で
錆びた鉄や朽ちた木などを集めるようになり、それらを使ってものを作り生きるようになった。
身近にあるものを上手に利用すれば、人はもっと豊かに、幸せに
そして美しく暮らすことが出来る、
そう信じて「自ら作る暮らし」の言葉を掲げ夫婦で「未 草」として活動している。

本展では、「未 草」の作る生活道具や彫刻に加え、住まいとしてきた米軍ハウスや6年かけて
開拓してきた北信州、黒姫の森の写真も展示。 さらには「未 草」の暮らしを題材にした絵本
「禾本の丘」とその原画(田所真理子 http://onjaku-tadokorogaro.com)も並びます。
Anjinとそこへ続く階段の踊り場での展示。ささやかなスペースでの展示となりますが
落ち着いた雰囲気のなかでお食事やお茶、お酒と共にゆっくりとご覧頂けましたら幸いです。


Anjin_1.jpg

 
_________________________________________
 
{日 時} 2016年1月19日(火)〜2月21日(日)
      9:00 〜 深夜2:00 
{場 所} 代官山蔦屋 2F Anjin
      <map>
{住 所} 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
{問 合} 03-3770-1900
未 草 17:57 -
未草+田所 真理子+温石 企画展 「森 へ」 at Shoka:

企画展のご案内です。





森 へ

幼い足で木の根につまづきながら歩いた北信州の山村。
古いお堂の脇を抜け、鬱蒼とした森をゆくと不意に光の下に出た。
森の中にぽっかりと開かれた小さな麦畑。
一枚の布さながら、風にたなびくその美しさに心震えた。
記憶の暗がりに輝く翠の宝石。生涯忘れえぬ原風景。
 
生まれも育ちもそれぞれの四人が辿りついた信州の地。
そして信州の森を縁に交流を深めてきました。
本当の美しさ、豊かさ、幸せとは身近なところに宿るもの。
暮しの中で心に触れるものを、それぞれの形で表現している四人が
森をテーマに集い、Shoka:を彩ります。

本展では未草の作る生活道具、布もの、家具、彫刻、植物標本、
田所真理子の画、冊子、温石の保存食、お茶等が並びます。
沖縄では初の展示となります。ぜひお運びください。



 
_________________________________________
 
{日 時} 2015年11月6日(金)〜 15日(日)
      12:30 〜 19:00 (6日はお話し会の為18時閉店)
{場 所} Shoka:
      <map>
{住 所} 904-2173 沖縄市比屋根6-13-6-
{問 合} 098-932-0791
{H  P} http://shoka-wind.com






 
未 草 17:04 -
「 6/14 sun Hang cafe 日替り出張喫茶 三日目

cafe_hang_1.jpg

今展の最終日にかけ、過去の自宅展で出張喫茶をお願いした3組に再びご協力を頂き
未草の自宅にて日替りの出張喫茶が3日間開催されます。
各々の曜日に出展くださるカフェの方々と、その日にご提供いただくドリンク・プレートの
ご紹介を致します。
_________________________________________

【14日(日) / Hang cafe】

      埼玉県ふじみ野市にて土日限定のカフェを開くHang cafeさん。研究に研究を
      重ね、味・食感・見た目とバランス良く、季節感じる果物も贅沢に使用する
      洋菓子とドリンクをご提供。

      ・季節の果物タルト(全粒粉タルト生地)
      ・和のムラングシャンティ(黒姫産きな粉のクリームサンド)
      ・大麦のチーズケーキ(長野産ハチミツがけ) からなる3種菓子のプレート
       ※全粒粉スコーンのお土産付
      +
      ・お好きなお飲物を一杯
      (珈琲/紅茶/カフェオレ/山葡萄のソーダ)


Hang cafeさんへ訪れる時、お客さまを喜ばせようと努める心づくしにいつも感動を覚えます。それは日夜研究し生み出される美味しいケーキであったり、眼も口も心も満足させるランチプレートであったり。特にそのケーキは、素材の使い方、食べたときの食感・味、そして華やかな見た目に至るまでHangさんのこだわりの逸品ばかり。四季に応じて変化するそのプレートを食べたくて、ついつい足が向いてしまうのです。
今展にあたってプレートにのる全てには、「黒姫」や「禾本」にまつわるものを使用して下さいました。何ヶ月も前から試作を重ねられたそのプレートを、どうぞお楽しみ下さい。


Hang cafeさんのHP → http://www.hang-cafe.com
_________________________________________

【ご予約方法】

日にちにより出張者が異なります。下記の内容ご一読の上、ご予約ください。

日 程 / 2015年6月12日(金)tocoro cafe
                  6月13日(土)珈琲カブ × 天然酵母パン柴田
                  6月14日(日)Hang cafe ※14(日)は既に満席となりました。

時 間 / 11:00 〜 19:00

料 金 / 1,200円 (プレート+お飲物にて、全日程同料金です)

ご予約方法 /  必要事項を記入の上、メールにてご予約ください。

        hitsujigusa@hotmail.co.jp

       「件名」に「カフェ予約」とご記入ください

        1 氏名(グループの際は代表者名)
        2 携帯電話番号(当日ご連絡がつく番号)
        3 ご希望日時(お日にち、時間帯のご希望をお知らせください)
        4 ご予約人数
        5 ご希望のお飲物(12(金)の場合のみ)

「日替り出張喫茶」はご予約制とさせて頂きますが、若干数の当日ご注文も承ります。

cafe_hang_2.jpg

未 草 09:01 -
「 6/13 sat 珈琲カブ × 天然酵母パン柴田 日替り出張喫茶 二日目

cafe_kabu_1.jpg

今展の最終日にかけ、過去の自宅展で出張喫茶をお願いした3組に再びご協力を頂き
未草の自宅にて日替りの出張喫茶が3日間開催されます。
各々の曜日に出展くださるカフェの方々と、その日にご提供いただくドリンク・プレートの
ご紹介を致します。
_________________________________________

【13日(土) / 珈琲カブ × 天然酵母パン柴田】

      自家焙煎珈琲、そしてカカオまでも焙煎する珈琲カブさんと天然酵母パンの
      柴田さんが、珈琲の静寂・パンの優しさそしてチョコレートの小さな高揚感が
      調和する時間をコラボにてご提供。

      ・「禾本」をイメージして創った、凛と華やかな香りをもつ珈琲を
       ネルドリップにて一杯
      +
      ・スパイスをほんのり効かせたバナナ酵母パン
      ・珈琲豆とヘーゼルナッツのスコーン
      ・組み合わせて食べる2種のカカオペースト付 からなる香り味わうプレート


珈琲カブさんは世界各地を自分の足で歩き、納得のいく珈琲豆とチョコレートのカカオを探しています。彼の話にはいつも興味をそそられ、その世界に惹き込まれます。今展のテーマ「禾本(かほん)」に合うよう選んでくれた彼のブレンド珈琲の名は「オリザ」。稲の学名であるその名の通り、凛と華やかな香りが忘れられない一杯となる味です。それを今回はネルドリップにて。
未草の展示会ではもう定番となる柴田さんのパンとスコーン。今では口伝えに人気となっている彼女。新作のパンとスコーンを味わう事が出来るプレートは、今回のコラボでしか生まれえなかった味。それに合わせて付けられるチョコレートも今回の為に珈琲カブさんが開発してくれたものです。土曜日のプレートのキーワードは「香」。珈琲、チョコ、パン、スコーン。全てが調和している「香」のプレートをどうぞお楽しみください。


珈琲カブさんのHP → http://coffeekabu.p2.weblife.me/index.html
_________________________________________

【ご予約方法】

日にちにより出張者が異なります。下記の内容ご一読の上、ご予約ください。

日 程 / 2015年6月12日(金)tocoro cafe
                  6月13日(土)珈琲カブ × 天然酵母パン柴田
                  6月14日(日)Hang cafe ※14(日)は既に満席となりました。

時 間 / 11:00 〜 19:00

料 金 / 1,200円 (プレート+お飲物にて、全日程同料金です)

ご予約方法 /  必要事項を記入の上、メールにてご予約ください。

        hitsujigusa@hotmail.co.jp

       「件名」に「カフェ予約」とご記入ください

        1 氏名(グループの際は代表者名)
        2 携帯電話番号(当日ご連絡がつく番号)
        3 ご希望日時(お日にち、時間帯のご希望をお知らせください)
        4 ご予約人数
        5 ご希望のお飲物(12(金)の場合のみ)

「日替り出張喫茶」はご予約制とさせて頂きますが、若干数の当日ご注文も承ります。


cafe_kabu_2.jpg


未 草 09:30 -
「 6/12 fri tocoro cafe 日替り出張喫茶 一日目

cafe_tocoro.jpg

今展の最終日にかけ、過去の自宅展で出張喫茶をお願いした3組に再びご協力を頂き
未草の自宅にて日替りの出張喫茶が3日間開催されます。
各々の曜日に出展くださるカフェの方々と、その日にご提供いただくドリンク・プレートの
ご紹介を致します。
_________________________________________

【12日(金) / tocoro cafe】

      三軒茶屋での店を惜しまれつつ閉店後、各地のイベントにて活躍中のtocoro
      cafe さん。感じる泡を表現するエスプレッソドリンク、深い味わいと食感に
      とことんこだわる菓子をご提供。

      ・KUSA.喫茶焙煎によるオリジナル豆を使用
       口あたりや食感の異なる4種のラテと湯割(アメリカーノ)より
       お好きなお飲物を一杯
      +
      ・雑穀クッキー生地の濃厚チーズケーキ
      ・さっくりとバニラ香る深味ミルクスコーン からなる食感プレート


金曜の喫茶の日(tocoro cafeさん)は、ドリンクのメニューを予め
お伺いさせて頂いております。下記よりご希望をお知らせ下さい。

1)湯割:エスプレッソをお湯で割り、さっぱりと飲みやすく。
2)トコラテ:エスプレッソ+たっぷりミルク「しっとり」柔らかな泡をのせて。(牛乳使用)
3)泡ラテ:エスプレッソ+たっぷりミルク「ふわふわ」弾力な泡をのせて。(牛乳使用)
4)豆ラテ:エスプレッソ+たっぷり豆乳「ねっとり」甘めな泡をのせて。(調製豆乳使用)
5)豆ミルラテ:エスプレッソ+豆乳50%+牛乳50%使用。飲みやすく「ふわとろ」気持ちのよい泡をのせて。(調製豆乳+牛乳使用)

※各珈琲を冷たいドリンクにする事も可能。その場合は泡は乗らないのでご了承下さい。


tocoro cafeさんのシンプルなモノの中にとことんこだわる姿勢は、いつもお話を伺っていて脱帽するばかり。それはtocoroさんの作るエスプレッソドリンクの「泡」であったり、お菓子の「味・食感」であったりと、食して頂かないとお伝えづらい程、体験のみにて分かる美味しさです。tocoro cafeさんの作るドリンクやフードを、まだ食した事がない方に是非一度いただいて欲しいプレートです。

tocoro cafeさんのHP → http://tocoro-cafe.com
_________________________________________

【ご予約方法】

日にちにより出張者が異なります。下記の内容ご一読の上、ご予約ください。

日 程 / 2015年6月12日(金)tocoro cafe
                  6月13日(土)珈琲カブ × 天然酵母パン柴田
                  6月14日(日)Hang cafe ※14(日)は既に満席となりました。

時 間 / 11:00 〜 19:00

料 金 / 1,200円 (プレート+お飲物にて、全日程同料金です)

ご予約方法 /  必要事項を記入の上、メールにてご予約ください。

        hitsujigusa@hotmail.co.jp

       「件名」に「カフェ予約」とご記入ください

        1 氏名(グループの際は代表者名)
        2 携帯電話番号(当日ご連絡がつく番号)
        3 ご希望日時(お日にち、時間帯のご希望をお知らせください)
        4 ご予約人数
        5 ご希望のお飲物(12(金)の場合のみ)

「日替り出張喫茶」はご予約制とさせて頂きますが、若干数の当日ご注文も承ります。

未 草 10:21 -